英語、日本語など、言語によって周波数は異なります。この周波数が英語学習のカギになっているのです。日本語の周波数は最低125ヘルツ、最高でも1500ヘルツです。これに対して英語の周波数は最低2000ヘルツ、最高になると12000ヘルツにもなります。

 

大人になるにつれてふだん使っている言語の周波数に慣れていくので、日本人の大人は日本語と異なる周波数を聞き取ることができません。聞き取れなかった周波数は聞き取れる日本語の周波数に置き換えて理解しようとするのです。

 

こうした状況では英語のリスニングには限界があります。また、本来の英語の音を日本語の音に置き換えをしているので発音はいわゆるカタカナ英語と言われるものになってしまいます。だからネイティブの発音とはかけ離れたものになってネイティブに通じない発音になるのです。

 

英語の周波数は日本人でも子供のころにはキャッチできていると考えられます。では、大人になってからはもうあきらめるしかないのでしょうか。答えはあきらめなくても大丈夫なのです。

 

英語の周波数を継続して耳にする環境を作れば再び英語の周波数を聞き取る音の回路が復活するのです。

 

このことに注目して開発された英語学習教材があります。リスニングパワーという英語学習プログラムで通販で購入することができます。開発者はアメリカの言語学者です。日本人が英語を聞き取るために必要な周波数エリアを特定して、効率よくこの周波数を耳にすることができる音声教材となっています。

 

2週間~30日間ほどの短期間、教材を繰り返し聴くことで大人でも子供のころのヒアリング能力を目覚めさせることが可能です。





カテゴリー : リスニングパワーの基礎