英語のBとVについてまとめてみました。

 

英語のBという音は日本語で発音しているバビブベボと同じです。だから英語のB自体の発音では特別気を付けなくてはならないということはありません。でも英語のなかではVとBの区別が重要な問題なのです。

 

英語ではBとVの音が単語の意味の区別に関わってきます。

 

たとえば英単語vestとbestでは意味が違いますが、会話などのなかでこの二つの単語を区別するためにはVとBを聞き分けることが必要です。また、話相手に自分が伝えたいことを正確にわかってもらうためにはVとBをきちんと発音しなくてはなりません。

 

日本人は日本語にある音Bと同じ発音の仕方でVも発音してしまうことが多いので、日本語にない音Vの発音の仕方を説明しましょう。

 

まず、口の形ですが、下唇を前歯で軽く噛んだ状態にします。そのままの状態で「ブ」と声に出してみましょう。これが英語のVの発音方法です。英語のVを正しく発音すると下唇が軽く振動します。英語のVは摩擦音と言われるもので、摩擦している感じに聞こえる音です。

 

日本語を話す場合にはBとVを区別する必要は全くないので英語を話す時だけVという音を意識して発音するのはなかなか難しいですね。会話を交わす中で自然にVの音を発音できるようになるにはやはり自分なりにVの正しい発音ができる口の形やVが含まれる英単語の発音に慣れておくことが大切です。

 

BとVの発音の区別ができていなくても相手が文脈から判断してくれるだろう、などという気持ちは持たないようにしてリスニングでも発音でもそれぞれの音の特徴をつかんでマスターしましょう。





カテゴリー : 英会話がなぜ難しいか