英語のHとFについて説明しましょう。

 

英語のHとFは別の音なのでそれぞれ違う方法で発音する必要があります。

 

英語のHは日本人にもなじみのある音です。英語のHという音は日本語のハヒフヘホと同じ発音の仕方なので特に難しく考える必要はありません。

 

でも英語のFは日本語にはない音なので注意が必要です。日本語をローマ字表記をするときにFまたはfという文字が使われるので発音も日本語と同じやりかたで良いのかと誤解しやすいのですが、英語のFは日本語にない音なので正しい発音の仕方を身につけましょう。

 

英語のFを発音するときの口の形は、上の前歯で下唇に軽く触れるようにします。この口の形の状態のまま、息を吐き出しましょう。空気が前歯と下唇の間のすきまから流れ出るときに出る音が英語のFの音なのです。

 

日本語のハヒフヘホとは違って、英語のF自体は吐いた空気が出ていくときの音だという違いを理解しましょう。

 

こうした歯や唇の形によって空気が流れ出る通り道を作って音を出すという方法は英語など外国語では自然にできるようになるのはなかなか難しいものです。日本語にない音を正しく発音したり聞き取ったりするためには慣れが必要なのです。

 

最初は意識して正しい発音ができるような口の形にすることが欠かせません。慣れて自然に発音できるようになるまで丁寧に練習してください。

 

ここでFとH、それぞれの音を含む英単語の例を挙げてみましょう。たとえば、fearとhear、feelとheel、fatとhat、foodとhood、foldとholdなどがあります。音声教材などを使ってそれぞれの音の聞こえ方の違いに慣れておくことも大切ですね。





カテゴリー : 英会話がなぜ難しいか