英語の中でもLとRの区別は日本人にとって難しいと言われています。

 

英語のLとRはリスニングにおいても発音においてもとても重要になってきます。なぜかというと、英語のなかでLとRは意味の区別に関わっているからです。

 

LとRをリスニングで聞き分けることができなければ単語や文の正確な意味を理解することができなくなります。また、LとRをそれぞれ正しく発音できなければ相手に単語や文の正確な意味を伝えられないのです。

 

実際に英語の単語の例を挙げてみましょう。たとえば、rightとlight、readとlead、fryとfly、prayとplayなどです。どれも日常よく使われる英語の単語ですが、L            とRを区別できなくてはそれぞれ意味を混同してしまうことになります。

 

こうした例を見てみるとLとRの区別ができるようにすることはとても重要だとわかると思います。

 

Lの発音方法ですが、日本語のラ行がLの発音に近いと考えてください。日本語のラリルレロを発音するとき、舌先は上あごの前の方にあります。英語のLを発音するときはこれよりもう少し舌先を前に出して前歯の裏側と歯茎のあたりに触れるようにしましょう。

 

Rの発音方法もやはり舌の位置がポイントになります。日本語でラリルレロと発音するときの舌の形で、舌をそのまま喉のほうに引き込みましょう。この舌の位置でラリルレロを発音すると英語のRになります。

 

では英語のLとRを聴いて区別できるようにするにはどうすればよいかというと、これはrightとlightのように間違いやすい単語の組み合わせを何回も聴くことによって音の違いを把握できるようにするとよいでしょう。





カテゴリー : 英会話がなぜ難しいか