英語のMとNについて考えてみましょう。

 

英語のMとNは英語のLとRのように大きな問題ではないと思われがちです。英語のMとNをきちんと区別してそれぞれの正しい発音をしなくてもだいたい伝えたいことは相手にわかってもらえる、ということも多いですね。

 

でもやはり英語のリスニング力をしっかりしたものにするために、こうした基本的な音は正しく理解しておくとよいでしょう。

 

 

英語のMの音は日本語にはない音です。日本語のM、マミムメモは口の先の方を使って言っているのですが、英語のMは口の奥の方の鼻に近いところを使って出す音なので、日本語のMより音がこもって聞こえる印象になります。

 

ふだん日本人は発音する必要がないので、英語のMは意識しなければ正しい発音ができないということになります。では、正しい英語のMの発音を見てみましょう。まず口は閉じた状態になります。そのままの状態で「ンー」という音を出します。その時、鼻のあたりに空気で押される感覚があると思います。これが正しい英語のMの音の出し方です。

 

 

英語のNもMと同じく日本語のNより口の奥の方を使って音を出します。英語のNは口を軽く開いて、舌全体を上の歯茎につけた状態で「ンー」と音を出すのが正しい方法です。

 

 

英語のMの音が含まれる英単語で良く使われる基本的なものとしてはmother、man、more、him、someなどがあります。そして英語のNの音が含まれる英単語としてはno、note、nice、nationなどがあります。

 

正しい発音のしくみやそれぞれの音の特徴をつかんで発音やリスニング力を向上させましょう。





カテゴリー : 英会話がなぜ難しいか