英語のSとTHの発音についてポイントをまとめてみました。

 

英語のSとTHはどちらも英語独特の音です。英語のSもTHも日本語のサシスセソの音で発音してしまうケースが多いのですが、英語のS、THにはそれぞれ正しい発音方法があります。

 

なぜ英語のSとTHを正しい方法で発音しなければならないのかというと、英語のSとTHは英単語の意味の区別に関わってくるからです。

 

よく事例として取り上げられる英単語のペアにmouseとmouthというものがあります。日本人はどちらの単語もマウスというように日本語にある音で代用して発音してしまいがちですがSとTHは単語の判別のキーとなる音なのです。

 

文脈で区別することができるかもしれませんが、やはり誤解を招かないように正しく発音し、正しく聞き分けることができるようにしておくことが大切です。

 

では、英語のSはどのように発音するのか説明しましょう。口の形ですが、舌を上の前歯裏側の歯茎~上あごのあたりにつけます。この状態のままで息を吐くと空気が舌のすきまを通って口の外に流れ出る音がします。この音が英語のSの音です。口の中の空気の流れを感覚として意識しながら練習しましょう。

 

次に英語のTHの発音方法です。口の形ですが、上下の前歯で舌の先を軽く 噛みます。この状態で息を吐くと空気が歯や舌でできたすき間を通って口の外に流れ出ます。このときの空気の流れる音が英語のTHです。英語のSに比べると空気が摩擦を起こしながら口の外へ流れるのが感じられると思います。

 

英語のSとTHはどちらも舌や歯で空気の流れを作る必要があります。無意識に自然にできるようになるまで丁寧に練習してください。





カテゴリー : 英会話がなぜ難しいか