リスニングパワーの使い方や口コミ、効果、特典などを解説しています。リスニングパワーは、日本人専用に開発された英語学習教材で、大人になってからでもバイリンガルになることを可能にします。多くの英語教材を試して諦めかけている方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 英会話がなぜ難しいか

英会話がなぜ難しいか

英語のLとRについて

英語の中でもLとRの区別は日本人にとって難しいと言われています。

 

英語のLとRはリスニングにおいても発音においてもとても重要になってきます。なぜかというと、英語のなかでLとRは意味の区別に関わっているからです。

 

LとRをリスニングで聞き分けることができなければ単語や文の正確な意味を理解することができなくなります。また、LとRをそれぞれ正しく発音できなければ相手に単語や文の正確な意味を伝えられないのです。

 

実際に英語の単語の例を挙げてみましょう。たとえば、rightとlight、readとlead、fryとfly、prayとplayなどです。どれも日常よく使われる英語の単語ですが、L            とRを区別できなくてはそれぞれ意味を混同してしまうことになります。

 

こうした例を見てみるとLとRの区別ができるようにすることはとても重要だとわかると思います。

 

Lの発音方法ですが、日本語のラ行がLの発音に近いと考えてください。日本語のラリルレロを発音するとき、舌先は上あごの前の方にあります。英語のLを発音するときはこれよりもう少し舌先を前に出して前歯の裏側と歯茎のあたりに触れるようにしましょう。

 

Rの発音方法もやはり舌の位置がポイントになります。日本語でラリルレロと発音するときの舌の形で、舌をそのまま喉のほうに引き込みましょう。この舌の位置でラリルレロを発音すると英語のRになります。

 

では英語のLとRを聴いて区別できるようにするにはどうすればよいかというと、これはrightとlightのように間違いやすい単語の組み合わせを何回も聴くことによって音の違いを把握できるようにするとよいでしょう。

英語のMとNについて

英語のMとNについて考えてみましょう。

 

英語のMとNは英語のLとRのように大きな問題ではないと思われがちです。英語のMとNをきちんと区別してそれぞれの正しい発音をしなくてもだいたい伝えたいことは相手にわかってもらえる、ということも多いですね。

 

でもやはり英語のリスニング力をしっかりしたものにするために、こうした基本的な音は正しく理解しておくとよいでしょう。

 

 

英語のMの音は日本語にはない音です。日本語のM、マミムメモは口の先の方を使って言っているのですが、英語のMは口の奥の方の鼻に近いところを使って出す音なので、日本語のMより音がこもって聞こえる印象になります。

 

ふだん日本人は発音する必要がないので、英語のMは意識しなければ正しい発音ができないということになります。では、正しい英語のMの発音を見てみましょう。まず口は閉じた状態になります。そのままの状態で「ンー」という音を出します。その時、鼻のあたりに空気で押される感覚があると思います。これが正しい英語のMの音の出し方です。

 

 

英語のNもMと同じく日本語のNより口の奥の方を使って音を出します。英語のNは口を軽く開いて、舌全体を上の歯茎につけた状態で「ンー」と音を出すのが正しい方法です。

 

 

英語のMの音が含まれる英単語で良く使われる基本的なものとしてはmother、man、more、him、someなどがあります。そして英語のNの音が含まれる英単語としてはno、note、nice、nationなどがあります。

 

正しい発音のしくみやそれぞれの音の特徴をつかんで発音やリスニング力を向上させましょう。

Page 1 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) リスニングパワー(英語学習教材)の使い方、口コミ、効果等  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「リスニングパワー(英語学習教材)の使い方、口コミ、効果等」(http://www.peopleandbaby.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。